定期清掃・日常清掃・巡回清掃の日記

宮君の掃除、2013年1月16日ー20日

戻る
2013/1/19(土)
今日こそは雪も少なくなったであろうと予想し現場に到着。天気予報だと同じで大ハズレ!日陰はまだ真っ白で集められた、雪の山がまだまだ多い。いつになったら全て解けるのであろう。見ると氷の中に枯れ葉が閉じ込められていた。赤色や緑色の葉が氷の作品と化して固まっている。夕方には見る事の出来ない自然現象。掃き掃除をしていると、やはり土によって雪があった跡がわかる。雪は氷となって消えていくが、土は残ってその場に固まる。土の掃除もまだまだ続く。

 
2013/1/18(金)
現場に着いてみるとまだ雪が多く残っていた。朝は雪というより氷で歩くたびに”バリバリ”と音をたてる。氷を除去しようとするが地面について剥がれない。解けてくれるまで拭き掃除をしていた。建物の通路にはここまで雪が積もっていたであろうと想像出来る土の跡、雪が土を運んできた跡がくっきり残っていた。時間も経ちやっと氷を持ち上げる事が出来除去した。重く大きな塊を”バキバキ”と地面から剥がす。今日は一日この繰り返しであった。

2013/1/17(木)
今日の朝は月曜日の雪を思わせる大霜で、一面真っ白になっていた。畑・空地や河原が全て白く包まれているのを見ながら現場に着いた。日陰は朝と同じようにこちらは雪で真っ白。雪に見えるが氷と変わり固くなっていた。除去するにも力が必要。掃除を始める前に今日も除去からの作業となった。日が当たる所は水となり(ラジオから流れるCMで雪が解けると春になると答えた小学生?良い話)次の日には氷となる。地面に吸収されたり蒸発するまで、日向も日陰も氷ともう少しお付き合い?

 
2013/1/16(水)
雪の影響がまだまだ続いていた。道は雪が解けて走りやすくなったが、物件の周りや駐車場には大量の雪が残っており、昨日に引き続き掃除の前に雪かきから始めた。昨日と違う所が雪が固まり氷に変わって取りづらくなった事…。ガリガリと音を立てながら除去して、歩く道を作っていった。その横には雪だるまが1つ、2つあり、小さいものから目や手がある大きなものまで、沢山作ってあった。初めて作ったであろう雪だるまが、太陽で小さくなりつつある。次に行った時にはもう会えない光景であろう。

 
●●●

ハウスクリーニング 日記

  

神奈川・東京限定で見積無料受付中
お見積無料

予約受付業務 午前:9:00-午後:6:00(休日:日曜・祭日)

神奈川県、東京都
………………………………………………………………………………
ハウスクリーニング・定期清掃・日常清掃・巡回清掃